スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

12月 サバイバーズ・クラブ

(著者)ベン・シャーウッド(松本剛史訳、講談社インターナショナル)*10年2月25日第1刷発行
<契機>
 京都新聞書評欄の今年のお薦め本になっていたため購入。原著副題は「あなたの命を救う秘密と科学」で、「生存における人間的要因~極めて困難な試練に遭ったとき生き延びる人間、死ぬ人間がいるのはなぜか~に答えようするもの」「最良のサバイバーに共通する心構えや習慣を分析し、危機を生き延びる見込みを高める方法を示すのが目的」の本

<概要>
(1)動けなくなる人たち~なぜ死ななくていいときに死ぬのか?
 ・「多くの人々は自分の見ているものを信じようとしない(不信反応)、現実否認や行動できない状態に陥った人々は、高い確率で犠牲者と死体の役割を受け入れることになる」「ベトナム戦争のアメリカ人捕虜で、一番死んだのは楽観主義者であった」
 ・「人はその非常事態での反応によって、①何とか助かろうとするサバイバー、②不運な死者、③必然性もなく命を落とす犠牲者に分けられる」「③は全て脳と呼ばれる工学システムが機能不全を起こして正しい判断ができなくなることに起因」「人が命を脅かす状況に反応する際の10(比較的穏やかで合理的な精神状態で対応できる人々)-80(ただ呆然とし途方に暮れる、反射的ほとんど自動的に行動する人々)-10(不適切な行動をし状況を悪化させる人々)の法則」
(2)生死を分ける90秒~飛行機事故の時にすべきこと、してはいけないこと
 ・「世界中の飛行機事故における死亡例の40%は実際には生存可能な状況で生じている」「災害でパニックは実際にはほとんど起こらない。飛行機事故で起こるのは消極的パニック(自分が助かるために何もしようとしない)、予期せぬことが起こると人はどう反応すればいいかわからなくなる」
 ・「大半の乗客は酸素マスクなしで1時間生きられると思っているが実際にはほんの数秒の猶予しかない、また、燃える飛行機から逃げ出す時間が30分はあると思っているが実際にはたった90秒」
 ・「次に知っておくべきことは、プラス3(フライトの最初の3分)/マイナス8(着陸前の8分)に警戒を怠らないこと、命令や指示を待たずにいつでも駆け出せるよう準備しておくこと」「飛行機で最も安全な座席は非常口から5列目まで」
(3)幸運を科学する~いいことはなぜいつも同じ人たちに起こるのか?
 ・まず、新聞にある写真の数を聞く課題で、記事に大きな字で答(写真の数)を書いてあってもそれを見逃す人が多い(不注意による見直し)ことを指摘し、「人はある瞬間には現実のごくわずかな断面しか見ていない」
 ・「幸運な人たちはおおむね神経症的傾向が少ない、力まずゆったり構え人生の可能性をオープンに受け入れられる、不運な人たちは神経質で自閉的」「運とは、心の状態で、どのように考え行動するか」「一度自分を傷つけたことのある人がもう一度同じことをする見込みは高い、不運と事故を招き寄せるのは10回の内9回は自分自身、当人が行う小さな選択の積み重ねによる(故意の偶然)、それは性格ではなく心の状態」
 (4)立ち直る人、立ち直れない人~打たれ強さの遺伝子
 ・「セロトニン輸送体遺伝子には2種類の対立遺伝子がある。逆境に対して保護的に働くタイプをもった人たちは快復力があり平気でいられる、ストレスに敏感なタイプをもった人たちはうつに陥ったり自殺を考える危険性が高い」「私たちの17%は父母の両方からストレスに敏感なタイプを受け継ぐ、51%は両者を1本ずつ、残りの32%は両方とも保護的タイプ」
 ・「前二者はストレスに弱いが、その影響は限定的であり、一定のステップの処方箋に基づき回復力を高めることは可能」「私たちは自分で思う以上に自分の運命をコントロールできるのだ」「サバイバーのタイプには①ファイター(闘う人)、②ビリーバー(信じる人)、③コネクター(つなぐ人)、④シンカー(考える人)、⑤リアリスト(現実的な人)がある」
<感想>
 ユニークで実践的な本。私たちの中には、きっと上記5つのタイプのサバイバー的資質が某かは潜んでいるはずなので、いつもそれを出せる訓練、シュミレーションをしておくべきなのだと思った。以上 

スポンサーサイト

2010年12月31日 | キャリア、健康 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

12月 ほとんど食べずに生きる人

(著者等)柴田年彦著、安保徹(新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)監修(三五館)*08年11月28日2刷発行
<きっかけ>
 年を取っても食欲に逆らえない生活を送る私を見かねた子どもから薦められた本。著者の常識はずれとも言える「ほとんど食べない生活」の実践記録に監修者等の解説を加えたもので、ここまではできないだろが、何とかがんばろうという気にさせてくれる本
<概要>
(1)はじめに
・「メタボ対策が進まないのは、一定のカロリー(成人男子2500kcal/日など)を摂取しないと健康は維持できないと言う神話の影響ではないか」「(著者は)運動生理学の先生から死んでしまうと警告された500kcal/日の食事を続けたが、健康レベルは格段に上がった」
(2)ほとんど食べない生活の様子
 「貧血症状が出た1ヶ月目(1400~1500kcal/日)、1日中眠かった2ヶ月目(同cal)、心身に影響が出始め不安を感じた3ヶ月目(同cal)~毎日やっていることも瞬間的な判断ができない、漢字を忘れるなど~、皮膚に不快な症状が出た4ヶ月目(同cal)~湿疹、かゆみなど、歯周病など~、皮膚から体質改善が始まった5ヶ月目(同cal)、体質の変化を意識できた6ヶ月目(同cal→1200~1300kcal)~寒さに強くなった、睡眠4時間でよくなった、物忘れが解消したなど~、健康診断で異常が出ない7ヶ月目(800~900kcal→400~500kcal)~髪の毛が黒くなった、股下が長くなったなど~、客観的に健康を確認した8ヶ月目(400~500kcal)、歯周病まで治ってしまった9ヶ月目(同cal)~ダブダブのお腹の皮に困る~、何かが変わってしまった10ヶ月目(同cal)、痩せすぎを防ぐ(BMI維持の)ため体重増加策に転じた11ヶ月目(800~900kcal)~基礎代謝量が成人男子の約7割(1069kcal)に減っていた~、空腹感が心地よくなった12ヶ月目(同cal)~リンパ球比率24%というガンが発生してもおかしくない数値になったが(問題なかった)、末期ガンを克服した方に20%以下の方が多い~、その後400~500kcalでもBMIを維持できるようになった」
(3)超低カロリー生活を裏付ける監修者(安保教授)の新理論
 「基礎代謝量の半分の摂取カロリーでなぜ元気に生き続けられているのか」「基礎代謝では化学反応だけで放射能反応を考えていないが、本当はエネルギーを放射能からもらっているから、摂取カロリー以上に1500kcalでも1600kcalでも使うことができる」「これが少量の食事で生きていられる謎解き」
 「私たちの細胞のエネルギーの生成系は、酸素を使わない解糖系と酸素使う好気的なミトコンドリア系の2本立て」「解糖系は瞬発力、細胞分裂につながる(精子が代表、低体温の世界)、ミトコンドリア系はカリウムの放射能を使い、取り入れた以上のエネルギーを出し、持続力につながる(卵子が代表)。生命は20億年前に酸素が嫌いな母体に酸素が好きなミトコンドリアが入ってできたもので、酸素焼けして死ぬのが老化、合体をやり直しているのが生殖」
 「解糖系の成長が15~18歳で止まり、20代、30年代・・・はミトコンドリア系と解糖系が調和(この間たくさん食べると栄養が解糖系に入り、無理をすると低酸素、低体温の嫌気的な世界に入り、身体が忘れていた分裂の世界に入るのが発ガンだから、ミトコンドリア系に戻れば良いので、熱、もっといいのは放射能で温めたらよい)し、80代くらいからミトコンドリアの有利な世界、霞を食べて生きていける仙人の世界に入る」「著者は通常の人より早くミトコンドリアの世界に入ったもの」
 「著者に不足しているのは、上半身の運動。脳に血流を行かせるため腕、肩の運動が大事。呆けるのは散歩するだけだから」
 「しかし、健康についても、主義主張で凝り固まらないで、臨機応変さを残しておくことが大事。玄米菜食の方が余り長生きしないのも凝り固まっているから」
<感想>
 以上の外、具体的な食事メニューや暮らし方などについて詳細に述べられており、役に立つし、動機付けにもなる本だと思った。以上

2010年12月31日 | キャリア、健康 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

10月 「老いない脳」で元気ハツラツ(京都総研四季報No90)

<著者等>
 京都銀行の方からいただいた「京都総研四季報 ファイナンシャルフォーラム」(No90)の特集インタビュー。お話は東京大学大学院総合文化研究所の石浦章一教授で専門は分子認知科学。「いつまでも「老いない」をつくる10の生活習慣」などの著者として一般にも有名な方。先に読んだ「認知症は予防できる」と重なるが分野が若干異なるので掲載
<概要>
・「老いない脳を作る10のコツは、①週に2~3回以上、1回30分以上運動をする(速歩、ジョギング、腹筋・背筋などの筋力運動がお勧め。無理は禁物)②食生活のバランスに気をつけ、食べ過ぎない(バランスも大事だが、食べ過ぎない)③ストレスをうまく受け流す(散歩、運動、趣味で気分転換。苦手な人とは距離を置く。こだわらない)④人とのコミュニケーションのある生活(家族との会話が最も重要。趣味、サークル活動、近所付き合いなども)⑤好奇心を持って、新たなことに挑戦する(好奇心を持つことは集中力発揮にもなる。楽しめばいい)⑥学習習慣を続ければ記憶力は保たれる(記憶力が悪くなったと思ったら、かえって繰り返し学習する)⑦目標を持つ(目標を持つことが、やる気を起こさせ、脳を活性化させる)⑧自分に報酬を与える(自分で自分に報酬を与えて、モチベーションを高めるのもいい)⑨本を読む習慣を維持する(テレビばかり見ていたら脳は怠けて活動しなくなってしまう)⑩意識的に段取りする(高齢になればなるほど、意識的に段取りをする必要がある)~石浦章一「いつまでも「老いない脳」をつくる10の生活習慣(WAC BUNKO)より」
・「百歳以上生きた人たちは、病気がなく、足腰が丈夫、精神面では勝手でストレスをためない人が多い」「ストレスは男女で出方が違うが、まずは自分で解消すること」「厚労省は生活習慣病+メタボ予防のため、運動、食事、禁煙、最後に薬と提言している」「日本人はアメリカ人に比べて薬を2倍飲むので注意」
・「アルツハイマー病の予防ワクチンを開発しており、実用化実験の段階、注射でなく食べて身体に入れる(食物ワクチン)」
・「高齢化社会の到来は日本にとってチャンス、老化の仕組みや予防法を日本から発信していくなどできれば大きなインパクトがある」以上 

2010年10月31日 | キャリア、健康 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

10月 認知症は予防できる

(著者)米山公啓(元・聖マリアンナ医科大学助教授、ちくま新書)*10年5月10日第1刷発行
<契機>
 NHKの「認知症を治す」などを見ると、認知症に対する考え方がだいぶ変わってきているようなので、最近発行された一般向けの本書で勉強することとした。
<概要>
・「研究が進んで、認知症には予防策があることがわかってきた」「認知症は生活習慣病ではないかと言われるまでになって来ている」
・「認知症のまえぶれ、初期症状と言いきれるものはまだはっきりとしていない」
・「認知症の原因は大きく分けて、①アルツハイマー病(6~7割)②脳血管性認知症(3~4割)」「アルツハイマー病と症状が似ているが違う病気が1割くらいあり、アルツハイマーと診断しなければ早期治療が可能となるものもあるので、速断は禁物」「若年性認知症の原因の1/3を占めるのがピック病で、早期ではアルツハイマー病との鑑別診断は困難」
・「生活習慣が大事、運動(散歩でも良いが、複雑な運動ほど良いという報告もある)、ストレスを減らす、禁煙、認知症を防ぐ食事(カレー、魚、果物野菜、緑茶コーヒー、適度のアルコール)」「肥満、高血圧は認知症リスクだが、高脂血症は最近無関係と言われている」
・「認知症の症状は①初期②中期③後期と変化するが、段階的ではなく、日によって違うこともある」「最も難しい選択は食事をとれなくなったときどうするか、最後を決めておくべき、ヨーロッパでは胃に管を入れる医療行為(胃ろう)はほとんど行われていないが日本では多い、家族が躊躇していると介護施設などではそうされてしまう(→これについては、文藝春秋平成22年11月号の石飛幸三医師の記事が参考になる。)「認知症の患者に何をしたいか聞くと大半は「家に帰りたい」という、認知症と共存するまち、自由に徘徊できるまちづくりができないものか、それが理想の治療と言えるだろう」
・「早期発見は難しいが、それができればアリセプトなどにより治療効果が見込める」「ただ、救急搬送で認知症とわかると断られる病院が意外と多いなどの現状を理解しておかないといけない」「日本認知症学会が認定している認知症専門医は東京5人、神奈川6人などしかいない(09年1月現在)、ただ、認知症もその原因によって見る診療科が違ってくる、介護まで理解してくれる医師が必要だが・・」
・「認知症に現在使える薬はアリセプトだけだが、中程度の認知症では20~30%の有効度」「しかしこれはあくまで対症療法薬」「海外で発売され10年たってもまだ認可されない薬もある」「日本老年精神医学会理事長名で厚労省に要望している①ガランタミン(商品名レミニール)②リバスチグミン(商品名エクセロン)③メマンチンは近いうちに使用可能となると思う」そして、その他の薬やワクチン療法、薬以外の療法などについても紹介し、iPS細胞による新しい神経細胞の置き換えなどの根本的な治療の可能性にも期待を表明し、認知症が治る時代を展望している。以上。おぼろげながらどういう全体像がわかったような気がする。

2010年10月31日 | キャリア、健康 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

9月 病気になりたくない人はこうしなさい

(著者)山田豊文(栄養学者、アスコム)*10年2月24日第1版第2刷
<きっかけ、感想>
・誘われて参加したソロプチ北山の講演会講師の本。私は初めて聞くお名前だったが、いろいろな意味で著名な方(一流アスリートなどの熱狂的なファンと毛嫌いする方がともに多い方)のようであった。
・プロローグで「今のままの食生活を続けていると10年後、20年後、この国は病気の人たちで溢れる」と警告。直感的には皆そう思っているだろうし、すでに病気で溢れているとも言えるとも思う。
・でも、各成分の危険さを公証しようとすれば何十年もの調査が必要だろうし、常に異論はあるだろうし、そしてはたして危険なものをすべて禁止して今の経済、社会が成り立っていくのかという気もするので、私たちとしては、この本に書かれていることが正しいかどかなどを考えるのではなく、自分の直感に従って危険と思うものは避け、しかし、避けたからといって完全に安全であるはずもない、というある種諦観した気持ちで生活していくしかないのかと思う。私としては、とても説得力のあるよい本だと思った。
<概要>
・「トランス脂肪酸は心臓病などとの関連が疑われ、06年NY市が市内全飲食店での実質使用禁止を法制化するなど規制が進んでいるが、日本政府は問題ないという態度」「牛乳、乳製品も百害あって一利なし。前立腺ガン、乳ガン、卵巣ガンなどの発症リスクを高めることが指摘されている」
・病気にならない10の習慣
 「①底の深い栄養学を身につけよう②マーガリンを追放しよう③食べるとよい油、悪い油を知ろう④ミネラルバランスで正しい代謝を⑤「白い食品」は食べるな⑥肉は食べ過ぎるな⑦牛乳、乳製品は摂るな⑧「マゴワヤサシイ」食材を選ぼう⑨有害物質を体外へ出そう⑩断食で体をリセットしよう」「正しい食事と断食の持つ力を見直そう」
・以下、上記習慣の根拠などが詳しく述べられるが、以下、「百害あって一利なし」とされている牛乳や乳製品の害関係の概要を記す。「牛乳のカルシウムは吸収されず排泄されてしまうためいくら飲んでも骨は強くならない」「牛乳等の動物性タンパク質を摂りすぎると骨からカルシウムが溶け出す」「カルシウムとマグネシウムのバランスが大事(乳製品はカルシウムを増やす)」「牛乳を飲ませるよう進めていたスポック博士の育児書も98年以降、最悪の食品は乳・乳製品であるという立場に変わった」「カルシウムは、牛乳以外からでも豊富にとれる、例えば色の濃い野菜、海藻、小魚、豆類など」以上

2010年09月10日 | キャリア、健康 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。