スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

8月 生物多様性とは何か

(著者)井田徹治(共同通信社編集委員、岩波新書)*10年6月18日第1刷発行
<読んだ経緯>
・日経の書評で、今年が国連生物多様性年であることと、この分野について自分がいかに無知であるかを知り、そこに紹介されていた本の中で最も読みやすそうな本書を選択
<概要>
・第1章生物が支える人の暮らし
 「鳥の生態系サービス(とその損失の影響);①種子散布(依存する種の絶滅や減少)②受粉(近親交配、着果率の減少)③腐肉の消費(病気の流行、望ましくない種の増加)④捕食(虫害増加、作物の減収、病気の蔓延)」「鳥に限らず、生物や生態系が人間にもたらしてくれる恩恵を科学者は生態系サービスと名付けた。①供給サービス②調節サービス(ハゲワシによる廃棄物処理など、最近は温暖化防止機能が注目)③基盤サービス(光合成など)④文化的サービス」「現在、生態系サービスや自然資本を経済的価値に換算しようと言う研究が盛んとなっている」「生態系サービスを評価し、それを守る努力に対価として支払われる仕組みを作れば自然破壊防止への大きなインセンティブになる」「重要なことは政策決定者にいかに長期的な視野を持たせることが出来るかということ」
・第2章生物史上最大の危機
 「現在は第6の大絶滅期といわれ、原因はいうまでもなく人間活動」「なぜ種を守るのか、将来人類に有用な医薬品の開発に必要になるかもしれないという実用的な理由もあるが、リペット仮説(空を飛んでいる飛行機から次々と鋲を抜いてゆくようなものだから)、運転手と乗客仮説(多くの種が依存し合って生きている)などが唱えられている」「生態系の維持に特に重要な種はキーストーン種と呼ばれる。食物連鎖の頂点に立つ捕食者であることが多く、その絶滅の影響は大きい」「生態系の変化は直線的に進むのではなく予測不可能な形で深刻化する恐れ」「生態系サービスは世界の貧困をさらに悪化させる」
 なお、ここでは、日本の「里山」の果たしてきた役割と危機に瀕している現状についても言及されているが、その中で、「これに里山という名を与えたのが・・四手井綱英さんである」とあった。
・第3章世界のホットスポットを歩く
 「ホットスポットとは、研究者グループが、人類が優先的に生物多様性保全の努力傾ける場所として選定した場所」「00年に25箇所、05年に9箇所追加、「日本」もホットスポット」「多くのホットスポットが発展途上国、地域紛争頻発地に存在し、危機に瀕している」
・第4章保護から再生へ、第5章利益を分け合う
 漁民たちが自ら海洋保護区を作り、ジンベエザメの海としてエコツーリズムに力を入れている「ベリーズ」やグリーン成長戦略で森林保護区の面積を広げている「スリナム」などの取り組みが紹介され、開発における「ノーネットロス」の義務づけや、生物多様性オフセット・クレジット市場の創設などが必要としている。
・最後に、ノーベル平和賞を受賞したマータイさんの「生物多様性を神話の世界から日常生活の中に持ってこなければならない。生物多様性は人間生活全てに関わっているのだから、全ての人がそのために何かできる」という言葉で結んでいる。
<感想>
・まさに初心者向けで、問題点等をコンパクトにまとめてある良書

2010年08月30日 | ソーシャルキャピタル、ガバナンス | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。