スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

12月 街場のメディア論

(著者)内田樹(神戸女学院大学文学部教授、光文社新書)*10年9月10日第4刷発行
<きっかけ>
 著者の名は子どもから聞いたことがあったが、読んだのは本書が初めて。メディアの暴走の仕組みや世論、クレーマーなどについてユニーク説得力ある議論を展開しているが、キャリア教育批判や知的所有権に対する見解には納得できなかった。
<概要>
・第1講では、文科省等の進める「キャリア教育」を批判する。曰く「適性と天職などを考えるから就職できない」「能力はマインドセットの問題」「能力は他者から求められたときに開花する」等々を(なぜ同列に論じるのか理解できないが)ご自身に子どもができたときに父性愛が目覚めたことも例に語られる。著者の主張には、生きにくい社会に出るため必死に努力(無駄なことも多いかもしれないが)している学生たちを、恵まれた高みの環境から見下ろして評論している残酷さを感じる。
・第2講マスメディアの嘘と演技、ここからがメディア論。「マスメディアの凋落はインターネットによるよりもジャーナリストの知的な劣化によるものである」「テレビは、つつがなく放送することが自己目的化しており(それはそれで仕方ないことだが)、当事者たちのその本能的な弱さに対する自覚がない」「質保障の基本はピアー・レビュー(同僚による査定)であるべきなのに、新聞はテレビを批判せず、質の劣化を放置している」「メディアで特にたちの悪いのが、知っているのに知らないふりをしてイノセントに驚愕してみせること、知らなかったのはメディアの無能を示すものであるはずなのに、恥ずかしげもなく言い逃れ、最後は「こんなことが許されていいのでしょうか」という常套句で終わらせる」「メディアが多用するこの演技的無知はそれを模倣する人々の間に社会的な態度として広く流布し「クレーマー」となった」
・第3講メディアとクレーマー。「己の無知や無能を言い立てて免責特権を確保しその上で被害者面して勝手な意見を言うというメディアの態度が目につくようになったのはここ数年間のこと」「これが市民に蔓延したのがクレーマー、すなわち、自分の能力や権限の範囲内で十分に処理できるし、すべきトラブルについて、無知、無能、言い換えれば市民的未成熟を言い立てて誰かに補償させようとする人々」「日本のマスメディアは、一貫してクレーマーの増加に荷担してきた」「このような未成熟な市民が大量に生み出されたため最も劣化させられたのが教育と医療」
・第4講正義の暴走。「病院で「患者様」と呼称するようになって、入院患者が院内規則を守らなくなり、暴言を吐く患者が増え、入院費の踏み倒しが増えたが、これは患者が消費者的に振る舞うことを義務づけられたのだから当然」「メディアは、万人が消費者として容赦なく振る舞うとき市場は最高の状態に進化していくという「消費者モデル」イデオロギーの普及に積極的に荷担してきた」「メディアにはとりあえず弱者に荷担するという性癖があり、それは正しいが、その後真実を調査しなければならないのに、それをせず、いったん取った自己の立場に固執するか、なかったことにして、次のとりあえずの弱者の問題に移っていく」「なぜ自分は誤ったのかを簡潔かつロジカルに言える知性が最も良質な知性だが、今のメディアはこの知性観を採用しない(岩波書店の例などを挙げる)、他人には要求する消費者モデルイデオロギーを自分には適用しない」「言葉から個人が欠如し、定型化、マニュアル化されたメディアの暴走がメディア自身をも焼き尽くす(誰でも言いそうなことしか語らないのでなくても問題ない)」←この章は「暴走する資本主義」などを援用しながら畳み込むような議論展開で大変説得的
・第5講メディアと「変えない方がよいもの」。「メディアの劣化はその定型的な言葉遣いの帰結だが、それは2つの信憑、メディアは世論を語るものだという信憑とメディアはビジネスである信憑で形作られている」「しかし、世論とは誰もその言責を引き受けようとしないもの、自分の生身を差し出してまで主張しなければならない真実ではないものであり、無責任で攻撃的になりがち」「メディアがビジネスであるという信憑からは、変化への異常なまでの固執、惰性への攻撃が生じ、医療や教育などの社会的共通資本にも集中的なバッシングを加え、今日の荒廃をもたらす一因となった」
・第6講読者はどこにいるか、ここから出版に対する議論。「不毛な著作権論争」「書物は商品ではない」などと述べ、著作権や知的所有権を擁護する人や「図書館は新刊書を余り買うな」と言う人たちを、(図書館)読者を盗人扱いするものなどと非難する。しかし、この考え方には全く納得できなかった。これは、著者も自認されているとおり大学教授という定職と人気評論家としての多くの著書を有する方(物書きの中でもほんの一握りの人たち)にしかできない主張だと思う。やはり、本は、著者や出版の人たちの生活を支え、文化を再生産するため、有料で買って読まれるべきものであり、図書館などにはできるだけ新刊書は置かないでほしいと思う。
・その他著者は、「本棚の欲望」や「贈与経済」などのユニークなキーワードによる分析などから出版文化の未来を論じるが、私などは、そのような難しい、また、結局競争に打ち勝った一握りの著者しか生き残れないような主張(著者も「生き延びられるものは生き延びよ」と言っている)よりも、「本は著者たちの知的営みに敬意を表するもの」「文化は一人一人がお金を出して支えるもの」「本は買って読むもの」ということを常識にしていった方が、すそ野の広い、ゆとりのある文化ができるのではないかと思う。
・いずれにしても、著者の主張は、著者が批判する市場原理主義とは逆の意味で同じように残酷な発想であると感じた。以上

スポンサーサイト

2010年12月19日 | コミュニケーション | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。