スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

12月 アンデルセン、福祉を語る~女性・子ども・高齢者

(著者)G・エスピン・アンデルセン(NTT出版)*08年12月25日初版第1刷発行
<経緯>
・NIRAの研究報告書で、アンデルセンの「福祉資本主義の三つの世界」の3つのレジームに依拠した議論がされており、以前買っていた本書を思い出し読了、「福祉~」を読もうとしたが大著で大変そうだったのでその代わりとして購入、原題は「福祉国家に関する3つのレッスン」
・データに裏打ちされた比較的価値中立的な論旨で、わかりやすく説得的。是非多くの人に読んで欲しい本
<概要>
(1)レッスン1「家族の変化と女性革命」
 ・「福祉国家に革命的な変化をもたらしたのは「女性革命」」「それを押しとどめようとすることは得策ではない。女性が男性の75%を稼ぎ就労率が75%に上昇したとすると、国民所得は15%増加し税収は(平均課税率30%とすると)10~12%増加する」
 ・「これまでの少子化対策は、①子どもをつくるという決定は父親の所得に依存する、②女性にとって出産が重要な機会費用を伴う場合子どもの数は減るという2つの要因を強調していた」「この説明は現代社会では不十分。女性の就労が広範囲に普及した国では合計特殊出生率は高いし、逆も真。北欧諸国では出生率が高いのが高学歴女性、少ないのが低学歴女性」「女性の(出産)決断と夫の所得との繋がりは無関係ではないが薄れている、むしろ夫の「貢献度」(家事支援等)が影響」
 ・「家族を支援する政策を打ち出すことが重要だが、男女関係に関する従来型の社会規範が家族を支配する限り女性は母親になることを躊躇」「女性の家庭内権力を強化することが重要、家族手当の女性口座振り込みも一法」
 ・「出生率の向上に一番効果的なのは保育サービスの普遍化、産休や家族手当はやり方による」「ゼロ歳児を預けることについて危惧を示す研究もあること、女性の長期の就労停止が生涯にわたる大きな所得損失に結びつくことなどを考えると、デンマークのやり方がおそらくベスト」「デンマークでは全ての国民が保育サービスを受けられる(産休、失業手当受給中も、未就労の場合も)ので、女性は出産後1年間の産休を取るが、その後復職、しばらくはフルタイムで働かないがキャリアは継続。そして、生涯所得の上昇と納税を通じて、保育サービスなどで得た公的資金を43%の金利込みで国家に返済している」
 ・「生涯にわたって女性の就労を支援することが重要で、介護サービスでもデンマークが参考になる。居宅介護は完全公費で、施設介護は5分の一が自己負担、明確に居宅シフトに誘導」
 ・「男性のライフスタイルを女性化させることも重要、学歴の低い男性層ではその傾向は少ない。同類紺(同じ社会階層同士の結婚)が趨勢の中で、(そのような男性と結婚する)学歴の低い女性に対する対策を講じていくことが重要(家族手当の女性の口座への振込等)」「男性の育児休業を進めても、取得するのは主に公的部門の男性に限られる(余り意味のない施策)」
(2)レッスン2「子どもと機会平等」
 ・「平等と効率性をきちんと考慮すると、子どもはコミュニティにとってプラスの財であるが、ほとんどの先進国で子どもの機会の平等は達成されていない」
 ・「教育の機会均等が達成されていないのは、就学以前の段階で「社会的相続」に関する重要なメカニズムが組み込まれてしまっているため。それは、カネ、時間投資(特に夫の)、文化の3つ」「まず、機会平等にはある一定の結果平等(カネ)が必要」「同時に、子どもへの時間投資、家庭の文化的環境の整備も重要」
 ・「過去50年間、人的投資は初等以上の教育に投じられてきたが、投資リターンが最も大きいのは就学前の時期についてのもの」「つぎ込むべき金額は、高等教育に投じるよりも驚くほど少なくて済む」「同時に、社会的相続のメカニズムには、非経済的要因(時間投資と文化)の役割も大きく、そのためには特に学歴の低い女性の就労支援と家庭内における妻の権力強化が必要」
(3)レッスン3「高齢化と公平」
 ・「現在福祉国家の新たな危機に直面している、高齢化による多額の福祉費用の発生とそれに伴う世代間軋轢」
 ・「同類婚で高齢層の格差が拡大する一方だが、学歴の高いものに対する福祉費用は、彼らが長生きのため高くなる」「彼らに対する平均余命に応じた累進課税が必要」「女性の就労促進はこの面でも重要」
<感想>
 アンデルセンは「家族の絆を強めたいのであれば、家族に課された従来の責任を脱家族化する必要がある」と述べている。そのとおりだと思う。また、家族や社会の問題になると理念、建前から論じる傾向があるが、本書のような論じ方をすれば多くの人に共通認識を広げていけ、結局社会で生きる全ての人の利益になるのではないかと思った。以上

スポンサーサイト

2010年12月24日 | 福祉、雇用 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。