スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | とっぷ

7月 硫黄島栗林中将の最後

(著者)梯久美子(文春新書)*10年7月20日第1刷発行
<読んだ経緯>
・数年前、文藝春秋の記事をきっかけに読了し大変感動した「散るぞ悲しき~硫黄島総指揮官・栗林忠道」の著者の最新作。たまたま本屋で発見して読了。
・前作は、確か両陛下の硫黄島慰霊の旅で読まれた歌が栗林中将の辞世の句を大本営が改ざんした事件を背景にしていたという印象的なエピソード(本書で著者は「栗林への返歌のように思えてならない」)から始まっていたと思うが、今まで読んだどの本よりも戦争を決して忘れてはいけないこと、戦争で亡くなった多くの方(日本だけでなく、中国、韓国、アメリカなどの人々)への慰霊の気持ちを忘れてはいけないことを教えてくれた。栗林中将は、その後イーストウッドの映画でも紹介されていたと思う。
<概要>
・前作以降取材した5本のドキュメンタリーからなる。
・「第1話 栗林忠道~その死の真相」は、イーストウッドの映画のクライマックス、栗林中将最後の場面が、当初の切腹から、主演の渡辺謙が資料を集めてイーストウッド監督を説得してあのようになったことが紹介される。
・映画がヒットした後、「栗林中将は米軍に投降しようとして部下に殺された」などの説が出てきたため、その真偽を探る過程が描かれる。これらの説は根拠のないものであることが判明するが、出所が硫黄島の数少ない生存者であること、伝聞であるにもかかわらず自説を一貫して主張し譲らない彼の姿に(取材時点で故人であるが)、当時の戦局に対する栗林の認識が、大本営を心から信じたこの若手参謀たちと異なっていたことなどが原因で、それが怨念として残ったためではないかと推測する。そして、最後に、他の新資料などから、栗林最後の数時間を生き生きと描写する。栗林が、死の直前まで部下の戦功を細かく記録し上申していた姿が、指導者のあるべき姿として胸を打つ。
・「第2話 3人の若き指揮官の肖像」では、硫黄島に多かった、職業軍人ではなく大学を卒業し兵役も終え職業人としての生活を確立しつつあった30代で戦場に呼び戻された人たち~彼らは最前線で指揮官として部下の命を預かる責任を負わねばならなくなった~の中から3人を描いている。
・一人は、ロサンゼルスオリンピック100m自由形銀メダリスト河石達吾(身重の妻を残して再招集、日本に勝ち目のないことを自覚しつつ戦地へ、妻は戦後も一貫して墓を作らなかった)
・もう一人は、加藤さんの本の最後にも出てきた、折口信夫の弟子にして恋人(養子)の折口春洋
・3人目は、森財閥の御曹司森茂(三木元首相の妻睦子さんの兄、「米国という国は国際法を守る国だ、生き残ってその後の日本を何とか守ってくれ」と部下を投降させ、生き残らせた)
・「第3話バロン西伝説は生きている(ノブレスオブリージュ)」「第4話父島人肉事件の封印を解く(記述するのも憚られるような現地軍の非人間的な行い、意識に愕然とさせられる)」「第5話美智子皇后奇跡の祈り(すべてを善かれと祈り続けるものでありたい)」
<感想>
・「硫黄島では2万人の兵士が戦死し、未だ1万3千人の遺体は今も見つかっていない」今もこの人たちを遺族の元に返せていない事実、他の戦地の遺族の人たちにも。この事実は絶対忘れてはいけないのだと思った。

スポンサーサイト

2010年07月31日 | 歴史、哲学 | こめんと 0件 | とらば 0件 | とっぷ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。